アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
わかる人しかわからないブログ
ブログ紹介
zoom RSS

− タイトルなし −

2010/09/03 22:33

コレステロールに関する新指針のニュースで「千葉県習志野市で健康の為に歩くサラリーマンの松本さん(40歳くらい、実際はフルネーム)」が紹介され自宅付近を歩く様子と自宅内で家族と食事しているところを撮影しインタビュー「こうやって努力しているからしっかりした指針を出して欲しいですね。」
特集番組ならともかく今日のニュースにまつわる取材対象者(しかも実名で自宅内や家族までカメラに映ってる)ってどうやって探すんだろ?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


目標

2010/03/03 21:34
新たな目標もでき、気持ちも上向き。やはり中、長期的な展望が大切です。自己認識とか自己イメージって大切です。何でもポジティブな宮里藍を見習わないと。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


− タイトルなし −

2010/02/16 08:56
何か精神が病んできてますよ。まずいなあ。荒んでいるというか。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


− タイトルなし −

2009/09/29 22:11
コンパスはいいマシンです。筋トレマシンとしても高品質です。チェストはちょっと姿勢を変えれば十分大胸筋にアイソレートできるし、レッグエクステンションは四頭筋の内側広筋にしっかりと吸いつきます。ローイングは胸パットを活用すれば高重量もいけます。実際のトレーニング以上に助かるのは「鉄」としてしっかりとしていることと安定性の高さ。ローイングでのチンニングやチェストとジムニックボールを組み合わせたスタビライゼーションなど鉄の塊として信頼できるからこその使い方も可能です。もちろんコンパスが入っている公共体育館なんかでは絶対にやってはいけませんよ。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


− タイトルなし −

2009/09/13 22:41
以前の所属先でセミナーを開催した時に一番嫌だったのが講師の先生が製品を持ち上げるような話をし、「こんなんでいいですか?」と尋ねられること。
「セミナー会社でさえも企画できないいい講習や講演を聴いてもらいたい」という純粋な思いを持っていても当の講師の先生はやっぱりそういった意識を持ってしまうのは仕方ないのでしょうね…。そんなことを自らがその立場になってみると実感したのでした。
主催側の立場からすると講師の先生の言動をコントロールしている意識はないのです。しかし、無意識のうちに良いか悪いかを評価しているのです。
無意識だから怖いわけです。
私だって世間知らずではありません。純粋真っすぐ君を装うつもりはありません。
私は「タブーの無い企業セミナーを主催する懐の深い企業」を演出するのがベターだと考えていました。それは今でも変わりません。情報はオープンであるべきだと思います。情報をクローズすると対外的にもそうですが、内部にいらぬ政治状況を生むことになります。
企業セミナーというのはとても重要です。筋力測定器だって研究ばっかりしている教授に任せていたらここまでは普及していなかったと思います。餅はモチ屋です。しかし、企業側があまりに「思想」を持ちすぎるとそれは一方で「選民」を助長します。
何を言っているのかわからなくなりました。これほど複雑な心境で挑むセミナーは初めてです。
パワーリハのフォローアップセミナーなら「恩返し」と「普及のお手伝い」と「自法人のブランド力向上」と「職員のスキルアップ」WIN、WIN、WIN、WIN、メリット沢山です。私にとっては筋力トレーニングみたいなものです。
今回は在籍時さえも縁のなかった領域、講師の方々も面識なく、参加者の方も50名のうち45名が病院所属のPTという殆どアウェー状態。背中には汗…。
ジャスコの介護フェア、栃木、群馬、厚岸の皆さんと熱い交流をした後ですからなおさらです。
しかし、前回の公式ブログでお伝えした「一人でも満足してもらえる人がいれば大成功」という観点から言えば今回だって大成功でした。
セミナー終了後、荷物の整理をしていると、私の話しの際にずっーとうなづいていてくれた参加者の方が話しかけてきました。「いやー、理屈抜きに面白かったわ。地域に出ていく為にはああいう感覚、視点は大切だよね。あんな話が聞けるとは思わなかったわ。」その方は今回のセミナー参加者で唯一の「医師」の方でした。

記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


− タイトルなし −

2009/09/08 23:07

ガイアの夜明け「ETC割引の光と影」
18時代のニュース番組のチープな特集とは違うだろうと期待してみました。しかし…。
館山から大田市場にトラックで荷物を届ける運転手さん。日時はお盆と日曜が重なった日だから8月15日でしょうか。18時には到着しなければなりません。アクアラインを使います。
この条件設定で千葉を知り尽くした20年のベテランドライバーが16時に出発しますか?!
14時には出発しないとダメでしょう。ちょっと千葉の地理と道路状況知っていれば誰でもわかりますよ。
これをETC割引、アクアライン800円のせいだと主張したいらしいです。しかも「17時12分、普通なら到着している時間です」着くか!
「こんなの初めてです」なわけないだろ!
平日で京葉道路と湾岸経由だってその時間帯なら4時間は見ますよ!館山ですよ!

客が減ったとなげく食堂の従業員。「あんな安ければみんな青森行っちゃうでしょ。福島には来なくなるわよ。」??ETC割引のせいで観光客が青森にとられ福島は被害者??ということはその福島の食堂は普段から関東から来る観光客が主たる客でそれを青森に取られた??
せっかく硬派な検証番組だと思っていたのになぁ…。残念!(古…)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


− タイトルなし −

2009/09/06 16:33
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090906-00000007-maip-soci
この記事の当事者のことをどうこういうわけでありません。
毎日新聞はこのような記事を書くことで何を目指しているのでしょうか。
取材先はどうやって調べたのでしょうか。
前回のブログとまではいきませんが、案の定、似たような特集も出始めました。夕方のニュース番組の特集で大家族が子ども手当で「バンザーイ!」って。結局、大家族スペシャル番組の番宣だったんですけど。
手当の妥当性を一般的な家庭で検証するっていう観点では極端でしょうが、10人兄弟は…。
選挙の投票は動機がどうであれ民意を反映した結果です。テレビ局が道行く人にインタビューして「私たちは子どもいないから不公平」「車は乗らないから不公平」って言わせて一体何がしたいのでしょうか。
こうやって政党や政府に何もさせないままコロコロ政局が変わることを繰り返して日本は将来どうなるのでしょうか。
今回の救いは割と多くの識者が「まずはやってもらうことが大事、公約を実現させることを後押しして、何がそれを妨げているのか明らかにさせるのが大事」とテレビで訴えていることです。
政治が身近になるのか構いませんが、ワイドショーの乗りや無責任なコメントで国民の生活を左右すべきではありません。「高速道路混んじゃうし、CO2も心配」なんて芸能人に言わせてはダメですよ。言わせてもいいけどそれを「一般国民の目線」として扱うのはマズイです。別に民主党に肩入れ云々ではなく、国民もマスコミも選んだ責任としてすべきことをしましょう、ということです。
本当にあの街頭インタビューやニュース番組の5分くらいのコーナーで取り上げられる人ってどうなんだろうか?どうやって選ばれているのかしら???
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

わかる人しかわからないブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる